洗濯機の掃除について

洗濯機って毎日掃除するものではありませんが、たまに掃除すると、いわゆる「ぴろぴろワカメ」を目にしますよね?

はっきりいって、これは気持ち悪いという以外に他ありません。

この正体はズバリ、黒カビですね。

洗濯物を洗うのに、カビが出るなんてイヤですよね。

カビが生えると、ニオイが服に付いてしまったりしますし・・・。

では、このピロピロワカメをなくすにはどうしたらいいのでしょうか?

まず、掃除の頻度ですが、最低でも月に1回は行うようにしましょう。

洗濯機の掃除といえば、思いつくのが専用の洗濯機クリーナーを使うこと、クエン酸や酢水で分解すること、その他にも酸素系漂白剤を使うこと、などの方法があります。

酸素系漂白剤を使った掃除の方法を詳しく説明すると・・・

1.洗濯機に50度位の熱いお湯を高水位まで入れます。
  (60℃以上熱いと、洗濯機がこわれる可能性大)
2、酸素系漂白剤を一袋(750~1キロ)惜しみなくドバッと入れます。
(酸素系漂白剤は、50℃以上にならないと効果を発揮しないそうです。)
3、「洗い」のみのコースで3~5分攪拌します。
4、その後2~3回、また攪拌します。
5、一晩置いたら、最後に「洗い」だけを3~5分行い、排水、脱水までワンサイクルやります。
  このとき脱水までやるのは、洗濯層の裏側にこびりついた黒かびをはがれやすくする為です。
6、洗濯層にきれいな水を入れ、洗い、すすぎ、排水、脱水の洗濯コースをやる。
*その後最初の洗濯で、また沢山ワカメが付く恐れアリなので注意です。

また、普段の洗濯機の使い方として、

溶け残りを防ぐために、洗濯の際には洗剤の適量を守ること
機内に湿気をこもらせないために、洗濯機のふたは普段は開けっぱなしにしておくこと
湿気度をあげないために、汚れ物を直接ドラムに入れるのではなく、まずは洗濯カゴに入れてから洗濯機に入れること。

でも、こういった方法で掃除をしたとしても、結構ピロピロワカメがダラダラと出続けることがあります。

このピロピロワカメ、一度洗濯槽の裏に生えてしまうと、完全に除去することは不可能だともいわれています。

そうなると、プロのお掃除専門業者に頼むしかなさそうですね。

https://xn--08j1kreu29j3bos4m9zv.nagoya/